芝焼き

29日の日曜日は毎年この時期の農事である芝焼きを行った。

 

芝焼きと言っても「芝」を焼く訳ではなく、田んぼ周辺の枯れ草を焼くのです。

 

これは、主に害虫と雑草の発生をなるべく抑えるために、枯れ草を焼きながら害虫やその卵、雑草の種も焼いてしまうのです。

 

写真は、いすみ鉄道の線路脇を焼いている所ですが、当然列車が通過したのを見計らい、次の列車までに線路脇はすべて終わらせるのでご安心を。

 

稲作農家はおおよそこの芝焼きから1年の作業が始まり、これから4月の田植えまでに水路掃除、田んぼの粗起こし、畦塗り、水入れ、代掻き、種まき、とやる事が増えて来ます。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

facebookページへのいいね!もよろしくネ!

 

 

店舗案内