一気に来た春

今年は我が家と周辺環境を見ていると春の訪れが半月ほど遅かったですが、ここに来て一気に来たどころか、3月中旬から4月下旬頃まですべて凝縮されてしまった感があります。

 

昨日の日曜日、いい加減畑を覆った雑草を何とかしないと我が家の夏野菜が作れないと思い、1日庭にいました。

すると、菜の花とスイセンと桜が咲いている横で、すでに開いている「わらび」、同じくすでに開き切っている「タラの芽」があり、ちょっとビックリ。

 

タラの芽はまだしも、わらびは田植え直前から一生懸命探したはず。

 

もっとも、わらびはこれからどんどん出て来るので、良いとして、タラの芽は先週初物を食べただけで終わってしまった。

タラの芽は軽~く揚げたてんぷら、わらびはおひたしがサイコーです。

 

子供の頃からこう言う山菜に食べ慣れているせいか、いわゆるアク抜きと言う物は私は一切不要で、これに関しては近所の人達からもアク抜きくらいすれば?と言われてしまうほど。

 

ふきのとうから始まるさまざまな山菜は、寒さに耐え抜いた植物のパワーをいただくようで、本当に自然本来の味とパワーがみなぎっております。

 

※わらびの写真見づらいですネ。タラの芽は写真撮るのを忘れていました。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

facebookページへのいいね!もよろしくネ!

 

 

店舗案内